メニュー

限度額適用認定証とは

高額療養費制度について

525025d5e7e8ec99488390cd6075ec33_s高額療養費とは、同一月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分を払い戻すことができる制度です。自己負担限度額は同一世帯の方達の所得に応じて決定されます。しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。

限度額適用認定証の利用

各市区町村窓口にて手続きを行うことで、限度額適用認定証を発行することができます。医療機関窓口に提示することで、窓口での医療費の支払いを予め高額療養費制度で定められた自己負担限度額までの金額に抑えることができます、これにより、払い戻しの手続きが不要になり、窓口での一時的な負担がなくなります。

限度額適用認定証の申請・更新

限度額適用認定証は各市区町村窓口にて申請できます。申請の際には身分証明書や印鑑等必要なものがあり、各市区町村によっては必要なものが変わってくるため、事前に電話等での確認をお勧めいたします。
また、限度額適用認定証には期限があり、期限以降も利用する場合は更新手続きが必要になります。
ご入院中の患者様につきましては、期限が近い方へ書類等による通知を行っておりますが、業務都合により通知が遅れる場合がございますので、限度額適応認定証の期限をご留意いただき、早めの申請をお願い申し上げます。

当院での利用について

高額療養費制度、限度額適用認定証は外来診療でも利用することは可能ですが、精神科の外来通院の場合は自立支援医療を利用頂くほうが支払の負担が減るため、当院では入院時のみのご利用を勧めさせて頂いております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME